133巻 丁寧で幸せな暮らし

みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋で

ホームディレクターを担当しております

入社6年目、キクチです。





本日は、オーナーさまの
2年点検に伺ってきました。

定期点検は、
2人一組で行くのが、マルワスタイル。

・ジロジロ、トントン、カンカンやる人
(点検をする人)
・お客さまと今の暮らし方を伺ったりの人
(お話しをする人)



僕は、もちろん後者です。
(5年間の職人経験もあるので、前者もできなくはないのですが・・・^^;)



・・・あ、!!
必要な時には、
もちろん点検のお手伝いもしますよ!!


村上ヤスさん
「水、ジャーっと流してみて〜!!」
キクチ
「はーい!(ジャー・・・・)」
みたいな・・・。








当初は二人で、
別々の場所を点検して
その後に、
お話しをさせて頂くスタイルでも
やってはいましたが

明らかに、
今のスタイルの方が効率がイイのです。

先に、今お気付きの箇所などをお伺いさせていただき、最後に、点検箇所を確認をしていただければ
隅々までオーナーさまと一緒に点検箇所を回る必要もないですし、ゆっくりお話しを伺える事ができます^^

当時の思い出話などから、今悩みのヒントを頂くことも多々有ります。

細かいマニュアルなどが存在するわけではないのでスタッフ同士が自ら考え、常に話し合って、日々改善です。

チームワークで最高のおもてなしができればと思います。












土地探しから含めると、出会いからお引き渡しまで平均でも1年強ほどのお付き合いになるオーナーの皆さま。
(長い方は3年越えの方とかもいます)

多い時は週に1〜2度のお打ち合わせをする時期もあったり。

お引き渡しをしてご新居に住まわれてからたまに近くを通るとお邪魔させていただいたりはしますが、なかなかご家族揃ってお話しできる事って少ないんです。


そんな中、定期点検はお引き渡し後にゆっくりとお話しさせていただける数少ないチャンスタイムです!!!

僕にとっては、これ以上にない充電タイム。

オーナーさまとお話しをすると元気・活気が漲ります!!!!
もっと頑張らなくちゃ!!!!って気持ちになります。


今日も充電MAXになりました!!!!!







そんな訳で、今日の様子をちょこっとだけ写真でご紹介しちゃいます。


IMG_1941.jpg
ダイニングチェアに座り上を見上げると
こんな空間が広がっています。
子供部屋の小窓も素敵です!!


IMG_1931.jpg
今度は吹き抜けから、見下ろしてみました
この眺めかなり好きです。


IMG_1932.jpg
洗面所にいるお兄ちゃんを
後ろからパシャり!!
(鏡越しに目が合っちゃいました)


IMG_1936.jpg
階段部に作ったアールのニッチには
可愛らしい小物が飾ってあり
見ているだけで何だかほっこりします。



IMG_1938.jpg
ブリキ?のかごに玉ねぎやジャガイモ

ご新居で住まわれるようになってから
週末は、昼と夜はご主人がお料理担当だそうです。


とっっっても素敵です!!!^^
(実は、僕も去年ご主人お手製のハンバーグをご馳走になりました)



IMG_1943.jpg
キッチンからはこんな幸せな風景

「ここに立ってリビングを眺めるのが一番好きかも!」と奥様。





とても丁寧に暮らしを楽しんでる毎日が
目に浮かび、僕も幸せな気持ちになりました。







そんな、今日でした。



では、打ち合わせ行ってきます!!!


また、7のつく日に^^




スポンサーサイト

132巻 木のそばで、木とともに。

  • Day:2016.09.07 23:29
  • Cat:Life
みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^



先日、旭川にある匠工芸さんの本社に行ってきました。



旭川と言っても
旭川市内から車で30分ほど離れた
上川郡東神楽町に本社があります。

DSC_1007.jpg
周りはこんな感じで何もない大自然のド真ん中です。





DSC_1010.jpg


DSC_1012.jpg
社屋もとても素敵です



DSC_1013.jpg










本社内にあるショールームと工場を見学させていただきました。








まずは、工場見学。


DSC_1015.jpg
実際に職人さんが一つ一つ手作業で制作しています。



DSC_1022_20160908004020c8e.jpg


DSC_0002_20160908004018d10.jpg
これは木材を圧着させる機械です



DSC_1023.jpg
何層にも重なった木材が圧着曲げ加工されています


DSC_1024.jpg
意外と仕上がりは荒いです
(ここから削ったりして成形していきます)





DSC_1018.jpg
パーツ一つ一つを丁寧に作り組み合わせていきます

DSC_1019_20160908004019edf.jpg
この溝はボンドの逃げ溝です
(こーゆう細かいマニアックなとこ好きです。笑)





DSC_0009.jpg
組み合わさるとこんな感じ


あとは座面と背面の生地(これは皮の椅子)が
組み合わさると完成です。










次はショールーム見学

DSC_0026_20160908005542123.jpg


DSC_0013.jpg
カタログに載ってる家具が
ディスプレイされています。



DSC_0017_20160908005541013.jpg


DSC_0034_20160908005905813.jpg


DSC_0031_20160908005902651.jpg


DSC_0024_20160908005541ad1.jpg
これはアニマルスツールといって
動物の胴体をモチーフにしたスツールです。

とてもユニークですよね^^






DSC_0016_20160908005537ee4.jpg
さっき工場で見た椅子もありました







普段は完成系しか目にすることがないですが

一つ一つの作業を見てから

完成された家具を見ると物語を感じます。



一つ一つのパーツにヒトの手が加わり
丁寧に作り上げられています。







そして、忘れてはいけないのが
家具の原料となっているのこと。

”まだ生きられたはずの木を思う。
むだにできない、したくない。”

”木がこれから生きたはずの時間を、
せめて家具として生きることで全うさせたい。”
TAKUMI KOHGEI FURNITURE CATALOG 2016より引用










より自分の愛着があるモノを大切に長く使うコトが
とても大切なのではないかなと感じています。


世界一幸せな国と言われているデンマークでは
初任給で、まず椅子を買うらしい。

一生使い続けていけるようなホンモノの椅子を。










家だけでなく、家具も暮らしの一部。



もっと知っていきたい。










では、また7のつく日に。

131巻 あなたが本当にそうだと信じることは・・・

  • Day:2016.08.27 02:34
  • Cat:Life
DSC_0602_20160827015216252.jpg
あなたが本当にそうだと信じることは、常に起こります。
そして、信念がそれを起こさせるのです。

(フランク・ロイド・ライト)






みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^




今回はまず、近代建築3大巨匠の一人である
フランク・ロイド・ライトの名言をご紹介させていただきました。



その理由の前に、ちょっとご報告。




127巻に書きましたが
今年、二級建築士の試験を受けました。


先日、学科試験の結果発表がありました。



郵送でハガキが来るのですが、その前にネットで合格者番号の開示があります。



自己採点では、ギリギリ合格ラインでしたが

なんとなく不安な気持ちで、ネット開示を確認・・・。

IMG_1713.jpg

(おー、番号出てる出てる!!)
(あれ、何番だったっけなぁ〜?)




IMG_1714.jpg
(11839ね!オッケー!!)





IMG_1713.jpg
!!!


ば、番号がない・・?!






翌日、ハガキが届きました。
IMG_1716.jpg

学科Ⅳ 12点(足切り不合格)




自己採点では、ギリギリ13点だったはず・・・。






実は、こんな事件が起こっていました。
IMG_1717.jpg
施工No.18の解答番号を3から5に訂正しました。



なんと、解答速報の番号が変更されていたのです。


しかも、よりによって僕の解答は3肢


・・・よって結果、1点足りず不合格です。







こんな事ってあります??T_T


また来年、再チャレンジです・・・。。。















さて、本題に戻ります。



先日、本州の方へ視察に行ってきました。
DSC_0285 のコピー

詳しい内容は、ここでは書きませんが
環境共生建築を目指す会社さんの本社社屋やモデル棟などを観てきました。


これからのマルワホーム家づくりの指針にもなる可能性があると感じています。


本州と北海道の住宅では、
違うことがたくさんありますが
学ぶこともたくさんあります。


水面下で進んでいる、
6代目モデルハウスプロジェクト。


まだ竣工時期は未定ですが、
新しいマルワの家づくりをお伝えできればと思います。






せっかく、あまり来ないところに来たので
札幌に帰る前に、行きたかった所に寄ってきました。

博物館 明治村

博物館 明治村(はくぶつかん めいじむら)は、愛知県犬山市にある野外博物館。
明治時代の建造物等を移築して公開し、また明治時代の歴史的資料をも収集し、
社会文化の向上に寄与することを目的とする。通称「明治村」。
wikipediaより引用





目的は、こちら。

帝国ホテル中央玄関
DSC_0596.jpg



外観から度肝を抜かれます
DSC_0602_20160827015216252.jpg
(ちょっと、これ美し過ぎませんか??)



設計者は、この方。
DSC_0621_20160827021704a62.jpg
フランク・ロイド・ライト


冒頭でもご紹介しましたが
近代建築の3大巨匠の一人です。


この建築は、ライトによる設計で
大正12年(1923)4年間の大工事の後に完成した
帝国ホテルの中央玄関部の移築物です。
【移築】
建物を解体して他の場所に移し、再び建てること。




つまり、本物です。





言葉よりも、写真でお届けします。
DSC_0611.jpg
DSC_0620.jpg
DSC_0622.jpg
DSC_0624_201608270217063dd.jpg
DSC_0625_201608270217079a1.jpg
DSC_0629_201608270217085cb.jpg
DSC_0637_20160827022403f7d.jpg
DSC_0644.jpg
DSC_0654_201608270224061bf.jpg
DSC_0655.jpg
DSC_0659.jpg
DSC_0665.jpg
DSC_0666_20160827022444518.jpg
DSC_0668_201608270224455b0.jpg
DSC_0669_20160827022447dc2.jpg
DSC_0672.jpg


限られた時間の中で、全ての神経を集中させ、
この建築からより多くのことを読み取ろうと試みましたが、
全然足りず、少し高めの専門書を買って、後にしました。



今すぐには、全てのことが分からなくても
少しずつ時間をかけて学んでいければと思います。


そして、またいつか、何年後かにこの場所を訪れた際には
また違う感覚が待っていることを信じて・・・。




建築の世界は、僕が思うより
もっともっと深いものであることだけは確か。





インプットしたことは
アウトプットしないと身につかないので
日々のお仕事で、経験を力に変えていきたいです。


あなたが本当にそうだと信じることは、常に起こります。
そして、信念がそれを起こさせるのです。

(フランク・ロイド・ライト)



では、また7のつく日に。








130巻 TOKYO2016

  • Day:2016.08.07 06:47
  • Cat:Life
みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のホームディレクター キクチです^^




25歳頃までは、片手で足りるほどしか
飛行機に乗ったことがありませんでした。



最近は、仕事やプライベートで
年に数回飛んでいます。



先日も、飛んできました!!







いつもは窓側の席に座り
雲海写真を撮って楽しんでいますが

今回は、ほぼ寝ていました^^;








学生時代の友人の結婚式があり
東京まで行ってきました。
DSC_0028_201608061155299fd.jpg


DSC_0077.jpg



DSC_0117_201608061155491b7.jpg
海岸沿いの素敵な会場でした。




結婚式はやっぱりイイですね!!

HAPPYで溢れています^^

なかなか会えない、久しぶりの友人にも会えます。







さて、せっかく東京まで来たので
少し寄り道をしてきました。








まずはここ。
DSC_0142.jpg


DSC_0143.jpg
国立西洋美術館

7月17日にトルコのイスタンブールでの世界遺産委員会で
正式に”世界文化遺産”の登録が決まりました。




めちゃ混みも予想してましたが
意外とそうでもなく、一安心。




DSC_0146_201608061207066ec.jpg

DSC_0148.jpg

DSC_0149_201608061216285aa.jpg
模型を見るとゾクゾクします!!







DSC_0157_201608061216480b9.jpg
考える人


何を考えているのだろう??

と思って調べると、「実は”見ている人”である!」という諸説も。
(ちょっと怖い感じだったので、ここでは割愛させていただきます^^;)



DSC_0159_201608061216453a3.jpg
他にも、ピカソやコルビュジエが書いた絵画があったり




以前、香川県の直島にある”地中美術館”でも観たことのある作品。
DSC_0161.jpg
『睡蓮』1916年/クロード・モネ



芸術の世界はよく分からないけど、
感覚的に”何となく好き”です。


あと、これも好き。
DSC_0164_20160806123225cd6.jpg
『帽子の女』1891年/ピエール=オーギュスト・ルノワール



全然時間が無かったので
約1時間ほど駆け足で見て回った感じでした^^;

ゆっくりと絵画の前で足を止め
世界観に入り込むように観たかったなぁ。。


※ちなみに余談ですが
「見る」とは・・・何となくみている
『観る』とは・・・念を入れてみる

と違いがあるそうです。
漢字って難しいですよね。



DSC_0162.jpg
撮影禁止だったので写真はありませんが、
コルビュジエの特別展示もありました!!


DSC_0155.jpg

DSC_0166.jpg

DSC_0167_20160806123233cc7.jpg

DSC_0163.jpg
中庭と建物の調和が何とも美しいです。




名残惜しい気持ちで、次の目的地へ。












場所を移動し、青山エリアへ。
目的は、インテリアや雑貨屋さんです。



まずは、ここ。
DSC_0178_2016080612434448c.jpg
CIBONE

目の前を早く流れ去ってゆくものよりも、
ずっとつきあえる仲間を増やすような気持ちで
あなたに物を選んでもらいたい。
New Antiques, New Classics
未来のアンティーク、これからのクラシック。
新しく生まれ変わるシボネは、
今までよりも、長い時間軸に寄り添って
「物とつきあう」ことを提案します。
物も情報もあふれかえる今だからこそ、
時代の積層をていねいに掘り起こしたい。
そして、ずっと愛でることができる強度ある物を、
東京から世界へと伝えていきます。

《CIBONE ホームページより引用》



DSC_0179.jpg

DSC_0181_2016080612435416d.jpg

DSC_0182.jpg

インテリアや雑貨だけでなく
洋服なども置いてある、
ライフスタイルショップです。

シボネ青山
107-0062 東京都港区南青山2-27-25
オリックス南青山ビル 2F

2F 2-27-25 MINAMIAOYAMA MINATO-KU
TOKYO 107-0062
OPEN 11:00-21:00
TEL 03-3475-8017

http://www.cibone.com





お次は、こちら。


DSC_0185.jpg
hhstyle.com Aoyama

北欧家具、イームズ、ネルソン、
ヤコブセンなどデザイナーズ家具・インテリアのお店です。




DSC_0188_2016080613035751e.jpg
雑誌でしか見たことのないような
名作デザイナーズ家具がずらり。

DSC_0198.jpg
ミニチュア小物も可愛いです。
(でも結構いい値段しました^^;)

エイチエイチスタイル 青山本店
〒107-0061 東京都港区北青山 2-7-15 NTT青山ビル 1F
NTT Aoyama Bldg. 1F,2-7-15 Kita-Aoyama,Minato-ku, Tokyo 107-0061
営業時間:12:00〜19:30 
定休日:木曜日 + 年末年始

http://www.hhstyle.com





最後は、こちら。



DSC_0202.jpg
LOUNGE by Francfranc


DSC_0205.jpg
螺旋階段が印象的です

DSC_0206_20160806130405989.jpg
お買い物途中の小休憩用に
カフェも併設しています。




LOUNGE by Francfranc
〒107-0062
東京都港区南青山3-1-3スプライン青山東急ビル1~2F
TEL 03-5785-2111
営業時間 11:00~21:00

http://www.francfranc.jp/shop/tokyo/shop-314.html



青山では3件しか回れなかったけど
本当は行きたいところが沢山あり過ぎました。

それは、またの機会に。




札幌でも、まだまだ知らないところ
いっぱいあるんだろうなぁ〜。


もっと視野を広げ、色々なモノを観て
感性を高めていきたいです。




では、また7のつく日に。

Read more...

129巻 マルフェス2016

  • Day:2016.07.27 23:52
  • Cat:Life
みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^


先日、オーナー様や地域の皆様への感謝の気持ちを込めた夏祭り
マルフェス2016
開催させていただきました!!
_7248084.jpg



今年も、去年に続き
マルフェス運営リーダーを務めさせていただきました。
_7248088.jpg







この場を借りて
お礼を言わせてください!!



ご来場いただいた
オーナーの皆様や地域の皆様


ブース出展のご協力をいただいた
おそうじ本舗手稲駅前店さん
Styriaさん



よさこいで素敵な演舞を披露してくれた
新琴似天舞龍神の皆様


フェススタッフとしてお手伝いいただいた
マルワ会エイトマンスタッフの方々


いつもスタッフを支えていただいている
マルワスタッフご家族の皆様



そしていつも一緒に夢を追いかけてくれる
マルワスタッフの皆様





本当に皆様のおかげで
最高の1日を過ごすことができました。


僕は幸せです。本当にありがとうございました!!




一人の力では、到底果たせないことでも
みんなの力が集結すれば、叶えられるコトがある!と
強く実感しました!!!








マルフェスでは、
普段なかなか会えないオーナーの皆様にも会えました^^
P7248349.jpg

_7248117.jpg

_7248123.jpg





ご来場いただいたお客様だけでなく
お手伝いいただいた
マルワ会エイトマンスタッフの皆様も
※エイトマンスタッフとは
マルフェス初年度のマルワ会からのお手伝いの方が
8人だった事から”エイトマンスタッフ”と命名されました。



「楽しかったよ!!来年も一緒にやろうね!!」
と言っていただけた事がとても嬉しかったです。
_7248098.jpg

_7248099.jpg

_7248100.jpg

_7248101.jpg






子供縁日コーナーやイベントでも
笑顔 笑顔 笑顔
_7248104.jpg

P7248359.jpg
(この写真は笑顔ってよりも真剣な瞬間ですね^^)

P7248412.jpg

P7248428.jpg

P7248430.jpg


幸せだから笑うのかな?
笑うから幸せなのかな??

どちらにしても、笑顔って素敵です^^



よさこいも間近で見れて迫力に感動です!!
P7248455.jpg


やっぱり、一生懸命な人ってカッコイイですね!!!



オーナー様のお子様と一緒に僕も踊りました^^
P7248463.jpg






今回もマルフェスで
本当に多くのコトを学ばせていただきました!!






でも、まだまだ改善しなければならない事が多々あります。

去年よりも今年。
今年よりも来年。


通常業務と並行しても準備など
大変な事もありますが

当日の皆様の笑顔の為なら
頑張れちゃいます!!!



来年は、もっと進化して帰ってきます!!!


来年のマルフェス2017
是非、今から楽しみにしていてください!!^^




では、また7のつく日に^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。