133巻 丁寧で幸せな暮らし

みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋で

ホームディレクターを担当しております

入社6年目、キクチです。





本日は、オーナーさまの
2年点検に伺ってきました。

定期点検は、
2人一組で行くのが、マルワスタイル。

・ジロジロ、トントン、カンカンやる人
(点検をする人)
・お客さまと今の暮らし方を伺ったりの人
(お話しをする人)



僕は、もちろん後者です。
(5年間の職人経験もあるので、前者もできなくはないのですが・・・^^;)



・・・あ、!!
必要な時には、
もちろん点検のお手伝いもしますよ!!


村上ヤスさん
「水、ジャーっと流してみて〜!!」
キクチ
「はーい!(ジャー・・・・)」
みたいな・・・。








当初は二人で、
別々の場所を点検して
その後に、
お話しをさせて頂くスタイルでも
やってはいましたが

明らかに、
今のスタイルの方が効率がイイのです。

先に、今お気付きの箇所などをお伺いさせていただき、最後に、点検箇所を確認をしていただければ
隅々までオーナーさまと一緒に点検箇所を回る必要もないですし、ゆっくりお話しを伺える事ができます^^

当時の思い出話などから、今悩みのヒントを頂くことも多々有ります。

細かいマニュアルなどが存在するわけではないのでスタッフ同士が自ら考え、常に話し合って、日々改善です。

チームワークで最高のおもてなしができればと思います。












土地探しから含めると、出会いからお引き渡しまで平均でも1年強ほどのお付き合いになるオーナーの皆さま。
(長い方は3年越えの方とかもいます)

多い時は週に1〜2度のお打ち合わせをする時期もあったり。

お引き渡しをしてご新居に住まわれてからたまに近くを通るとお邪魔させていただいたりはしますが、なかなかご家族揃ってお話しできる事って少ないんです。


そんな中、定期点検はお引き渡し後にゆっくりとお話しさせていただける数少ないチャンスタイムです!!!

僕にとっては、これ以上にない充電タイム。

オーナーさまとお話しをすると元気・活気が漲ります!!!!
もっと頑張らなくちゃ!!!!って気持ちになります。


今日も充電MAXになりました!!!!!







そんな訳で、今日の様子をちょこっとだけ写真でご紹介しちゃいます。


IMG_1941.jpg
ダイニングチェアに座り上を見上げると
こんな空間が広がっています。
子供部屋の小窓も素敵です!!


IMG_1931.jpg
今度は吹き抜けから、見下ろしてみました
この眺めかなり好きです。


IMG_1932.jpg
洗面所にいるお兄ちゃんを
後ろからパシャり!!
(鏡越しに目が合っちゃいました)


IMG_1936.jpg
階段部に作ったアールのニッチには
可愛らしい小物が飾ってあり
見ているだけで何だかほっこりします。



IMG_1938.jpg
ブリキ?のかごに玉ねぎやジャガイモ

ご新居で住まわれるようになってから
週末は、昼と夜はご主人がお料理担当だそうです。


とっっっても素敵です!!!^^
(実は、僕も去年ご主人お手製のハンバーグをご馳走になりました)



IMG_1943.jpg
キッチンからはこんな幸せな風景

「ここに立ってリビングを眺めるのが一番好きかも!」と奥様。





とても丁寧に暮らしを楽しんでる毎日が
目に浮かび、僕も幸せな気持ちになりました。







そんな、今日でした。



では、打ち合わせ行ってきます!!!


また、7のつく日に^^




スポンサーサイト

125巻 そうだ!神戸に行こう!!

みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^


先日、視察で
里山住宅博in KOBE2016に行ってきました。


DSC_0003.jpg


DSC_0001.jpg
未完成物件もありましたが、全26棟の建物が見れます。





まずは、外観から・・・。
DSC_0006.jpg


DSC_0007.jpg


DSC_0008.jpg


DSC_0011.jpg


DSC_0018.jpg
当たり前ですが、北海道の建物と違いますね。

何が違うって、まず”屋根”が違いますね。

雪の対策を考える必要がないので。


外構は、町づくりの〈設計ルール〉として
・ブロックを積んでスチールのフェンスで囲うこと
・アルミ製のカーポート
・スチール製の物置

も禁じられています。

これらの材料が嫌いなわけでなく
『緑の町』の外構材として相応しくないと考えて
ルールを決めたそうです。



もう少し外構工事が進んでいると
町並みの見え方も違っていたのかなぁ〜。
(ここだけはちょっと残念だったところです)



さて、いよいよ建物の中へ突入です!!


めちゃめちゃ混んでいます。
DSC_0034.jpg
この写真の中に、マルワスタッフが2名隠れています。

DSC_0023.jpg


DSC_0026.jpg
すぐに触ったり、握ったりします。




写真載せきれないので、厳選写真をザザッと。
DSC_0038.jpg


DSC_0059.jpg


DSC_0066.jpg


DSC_0078.jpg

DSC_0086.jpg

DSC_0087.jpg





今回特に、感じたのが
窓からの「景色の切り取り方」です。

DSC_0028.jpg

DSC_0071.jpg

DSC_0070.jpg

DSC_0113.jpg

DSC_0096_20160617202046070.jpg


単に、
「里山のロケーションだからどう切り取ってもよく見えるんじゃない?」
とかではないと思います。



スケジュール的に3時間ほどしか入れなかったのですが、

正直、全然時間足りなかった〜・・・・OTL。



けど、圧倒的に良かったのが

同じチームのみんなで
同じモノを
同じトキに
見ることができたこと。



こんな貴重な機会をいただけることに感謝です。



もっともっと成長して、より良い家を提供できるようになります。





では、また7のつく日に^^















121巻 一生に一度の今日

みなさん、こんばんは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^



本日、マルまちin樽川。にて
間仕切り立会いでした^^


僕もとても好きなイベントです。
201605071501.jpg
大好きなお父さんと手をつないで入場です




今日の僕の役割は、お子さんと遊ぶこと。
201605071502.jpg


201605071503.jpg
最初に会ったときとは比べ物にならないくらい今では仲良しです!!

そりゃ、もう20回くらいは会ってるもんね!!






201605071508.jpg
現場にあった木っ端で積み木をしたり


201605071509.jpg


201605071510.jpg


201605071511.jpg
ドミノ??
ピタゴラスイッチ??
的なことをして遊んだり



柱にお絵かきタイム~!!!
201605071504.jpg


201605071505.jpg
弟くんはノールックで芸術的な絵を描いていました!!(笑)



今日落書きしたこと、大きくなっても覚えているかな??^^






・・・と!!!

僕のお仕事は”保育士”ではないので
本業もしっかりやりますよ~!!!




実際に現地で高さ確認します!!

「あと、もう5センチ下げましょ~!!」とか^^
201605071506.jpg


201605071507.jpg
打合せ内容を柱に残すのも個人的に結構好きです





間仕切り立会いは少し日が落ちかかるまで続きました。
2016050712.jpg





最後のご主人の
「そっかぁ~。もう打合せもほとんど終わりなんですもんねぇ~。」

そのお言葉から、なんだかとても寂しさを感じた。

Kさまとも出会って1年と数ヶ月。

打合せも何回しただろうか・・・。

一緒に色々な事を考えました。




毎回毎回、
色んな家族
色んなお家
色んな暮らしかたがあり

日々勉強の毎日。


そんな中で、ふと思うことがある。

「日々の仕事をこなしてしまっていないか・・・?」


お客さまにとっては紛れも無く
”一生に一度のイベント”だけれど

僕は、30回も40回も経験してきている・・・。


毎回
「このお客さまにとっては最初で最後のイベントだから気持ち込めて臨もう!」
と思うけど、今まで一度も自分で100点つけれたことはない。



もっとこうすることができた。
ここはこうすればよかった がつきない。

毎回同じ事を思っていたらおしまいだけど
常に改善点を探し、お客さまにとって
もっとより良いイベントにしていきたい!!!



最近とても考えることがある。
”お客さまにとって僕の存在は何か?”
”僕にしかできない僕の価値は何か?”


マルワホームに入社して今年で6年目。

やっとのやっと、少しだけ分かってきた気がするけれど
まだまだ”それ”を探し続けている。



明日は、地鎮祭とご契約。


今日もしっかりと寝て明日に備えよう。

僕はまだまだだなぁ~。


ポジティブでもなく
ネガティブでもなく
ナチュラル。そんな感じ。

では、また7のつく日に^^

117巻 地鎮祭デー

みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^


タイトルにもある通り・・・

本日、地鎮祭デーでした!!!



《地鎮祭とは??》
地鎮祭には2つの意味合いがあります。

1つ目は、
家を建てるための土地を購入したとき、その土地に住む神様を祝い鎮め、
土地を利用させてもらう許可を得ること。

そして2つ目は、
これからの工事の安全と家の繁栄を祈願すること。

よって地鎮祭は、土地を購入して、着工する前に行う儀式となります。




本日は午前と午後に
それぞれ1件ずつ地鎮祭がありました。
1177.jpg



どちらも
マルまちin樽川。にて
これから着工されるお客さまです。
11701.jpg

1171.jpg


今日は、たまたまどちらのお客さまも
ビデオカメラをご持参いただいていたので
マルワのムラが撮影を担当させていただきました。

11702.jpg

1173.jpg

1174.jpg

上手に撮れていたかな??


今度、僕にも見せてくださいね^^!





地鎮祭が終わると、
次は地縄立会いです。

《地縄立会いとは??》
工事着手前、敷地に縄で建物の位置を
表すことを「縄張り」と言い
それを確認することを「地縄立会い」と言います。

建物の配置 及び 設計GLなどを現地にて確認します。


1176.jpg

1175.jpg

1172.jpg

今日は天気もとても良く
最高の地鎮祭日和でした。


Kさま
Aさま
本日は、本当におめでとうございます!!

また数ある建築会社の中から
当社マルワホーム企画をお選びいただきまして
誠にありがとうございます。

ご依頼いただいたからには
「マルワホームで建てて良かった」
「マルワホームに出会えてよかった」

と、心より思っていただけるように

これからも
スタッフ一同、力を合わせて
日々精進してまいります。



そして、
「菊池宏嗣に出会えてよかった」
と、思っていただけるよう
これからも努力させていただきます。


理想は、
あなたに出会えて
本当に良かったランキング


ベスト10!!

・・・まではいかなくとも

20位以内にはランクインしたいです。

家族・友達・・・など
強力なライバルがいる中で
めちゃくちゃ高い目標かもしれませんが・・・(汗)

そんな意気込みで
これからもお仕事させていただきたいと考えております。


最近意識していること!!
『意識が変わっても行動をしなければ何も変わらない。』

今日もとても多くのコトを感じました。

その思いを今後に生かしていくために
明日から自分に何ができるのか。

いや、今日から。


お客さまの幸せを第一に考え
もっともっと成長していきます。


住宅王への道のりは
まだまだ遠い・・・。

では、また7のつく日に^^

114巻 メム メドウズ

みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^



17日は、
遠い所へ出張に
行かせていただいており
一回飛ばしの更新となりました^^;




お客様や
マルワ会の協力業者さん
自分の友達や
スタッフのご家族の皆様・・・。


最近、色々な方から
「住宅王ブログ見てるよ~」
と声をかけていただく事があります。


自分で”住宅王になる!!!!”と謳うのと違って
他人(ひと)から”住宅王”って言われると
ちょっと照れます^^;(笑)



さて、前回の予告通り
今回は隈研吾氏が関わる”ある所”のお話です。

タイトルに出ちゃってますが・・・

ここに行ってきました
環境技術研究機構
「メム メドウズ」
MEMU MEADOWS


省エネルギー、バイオマス、
低炭素社会の実現、室内温熱環境のコントロール、
耐震構造の検証など実にさまざまです。

これら住宅をとりまく多様な実験に取り組める施設として、
冬季には外気温が約マイナス30℃に達する
気象条件の厳しい北海道大樹町に
、LIXIL住生活財団が2011年4月に設立したのが、
環境技術研究機構「メムメドウズ」です。

牧場跡地にもとから在った住宅や施設を取り壊さず、
土地の持つ記憶をそのまま風情として
残しながら改修して、資源も有効に活用しています。

北海道大樹町は、冬季は厳しい寒さにも見舞われますが、
その反面、季節が美しく移ろう豊饒の大地です。

土地の名前「芽武(メム)」には
「泉の湧き出るところ」という美しい意味があります。

この地で、住まい手にとって
真に快適な住環境とは何かを、
利用者の皆さんと一緒に追求していきたいと願っております。
(LIXILホームページより引用)




写真にてザクザクっと
ご紹介します!!



まずはここから。
コンファレンス・センター
改修:隈研吾建築都市設計事務所
DSC_0448.jpg
DSC_0429.jpg
DSC_0420.jpg
DSC_0435.jpg

築30年近い厩舎を、
宿泊室付きの研究施設としてコンバージョン。
1階は宿泊施設、2階は会議スペースになっています。





実験住宅: Même(メーム)
設計:隈研吾建築都市設計事務所
技術支援:東京大学生産技術研究所野城研究室

DSC_0502.jpg
DSC_0460.jpg
DSC_0499.jpg
DSC_0469.jpg

北海道古来の住宅をモチーフに
壁と屋根を
フッ素樹脂コート膜
ポリエステル断熱材t100
透明防湿シート

という同じ膜材で仕上げています。




実験住宅: BARN HOUSE
「第2回 LIXIL国際大学建築コンペ」 最優秀賞受賞
設計: 慶應義塾大学ラドヴィッチ研究室
設計監修: 隈研吾建築都市設計事務所

DSC_0536.jpg
DSC_0509.jpg
DSC_0523.jpg
DSC_0513.jpg

かつて競馬馬を飼育していた
この地を引き継ぐ建物として、
人と馬が共に生活することを
目指した住まい。
消臭には黒炭を採用しています。





実験住宅: HORIZON HOUSE
「第3回 LIXIL国際大学建築コンペ」 最優秀賞受賞
設計: ハーバード大学マーク・マリガン研究室
設計監修: 隈研吾建築都市設計事務所

DSC_0577.jpg
DSC_0585.jpg
DSC_0565.jpg
DSC_0559.jpg
個人の居住空間と大樹町の牧草風景が生み出す対話を象徴した住まい。
個人的に外観含め一番好きな建築物でした。




DSC_0563.jpg
設計ヤスさんが見上げています。

DSC_0567.jpg
こんな見え方。

hh_drw01.gif
こんな納まり。








実験住宅: NEST WE GROW
「第4回 LIXIL国際大学建築コンペ」 最優秀賞受賞
設計: カリフォルニア大学バークレー校デイナ・バントロック研究室
設計監修: 隈研吾建築都市設計事務所

vvvvx.jpg
vxvx.jpg
vvvv.jpg
vxvzv.jpg

食べ物を育て、収穫し、貯蔵し、調理し、食し、堆肥し
また育てると言った食物のライフサイクルに沿って設計。
なんだか公園のアスレチックみたいな建築物です。



 

実験住宅:NVERTED HOUSE
「第5回 LIXIL国際大学建築コンペ」 最優秀賞受賞
設計:オスロ建築デザイン大学(ノルウェー)
設計監修: 隈研吾建築都市設計事務所

DSC_0589.jpg
DSC_0591.jpg
DSC_0614.jpg
DSC_0601.jpg
DSC_0602.jpg
DSC_0605.jpg
DSC_0607.jpg

“寒さを楽しむ家”というこれまでにない挑戦的なテーマ。
キッチンやリビングが完全に外にあります・・・。
発想が斬新過ぎるゼ・・・。








最近の住宅の傾向は、
”性能”がかなり重視されているのかな
と、感じています。


昨日、友達から相談を受けました。

「○○(ハウスメーカー)の家は暖かくて
光熱費もかからないって聞いたんだけど、本当??」



僕個人としては
性能は一定水準をクリアしていれば十分かなと思います。

もちろん、お金をかけて
より良い断熱材等を採用すれば
より暖かく、かつ光熱費も削減できる
住宅をつくることは可能です。

でも、費用対効果といいますか
コストパフォーマンスといいますか
「そこまで求める必要があるのか?」
って思います。


新築における住宅の省エネルギー基準は
2020年に義務化になる予定です。

さらに行政では
ゼロエネルギー住宅(ZEH)についても、
2020年の標準化を目指しています。


お客様に
”より良い家をより安くご提供したい!!”
という気持ちでお仕事をしています。



まだまだ勉強しなければいけないことが
盛り沢山です!!
(・・・というか、一生尽きないと思うけど)




次回は、出張で少し遠い所に行ったときの話です。
お楽しみに^^




では、また7のつく日に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。