64巻 キクチの日曜日

みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある"おしゃれ楽しい家"を最高のコミュニケーションと共に建築していく住宅屋
マルワホーム企画のキクチです^^
(Kさま!また変わってしまいましたちょっと長いですかね?笑)







前回は"キクチの休日まる裸!"
ということでしたので、






今回は・・・、


"キクチの日曜日まる裸!"をお送りいたします^^





まずは午前中は、
現在、着工中のお客様の間仕切り立会いです!!

DSCN5613.jpg

DSCN5658.jpg

まだ階段が仕上がっていないので
2階にははしごで登ります!

よいしょ!!

よいしょ!!


DSCN5611.jpg

上からの眺めはどうかな??



DSCN5617.jpg

ブルー&グリーンの通称"ダブル村上"さんが何かしています・・。




DSCN5618.jpg

どうやら、階段部のニッチの取り付け位置の打合せをしているようです!




DSCN5664.jpg

どんな感じに仕上がるか楽しみですね



DSCN5666.jpg

吹き抜けの構造部分を、寝そべって取ってみました!!


木の感じがたまらない!!!

ゾクゾクしますね!!!!!
(・・僕だけでしょうか??)







IMG_0405.jpg

お昼は、スタッフ4人で現場近くのうどん屋さんへ






昼食もとり、会社へ戻ります




天気がいいので、窓も全開!!!

風が気持ちイイ~!!!!






・・・ん??




タイヤから変な音がします






慌てて会社近くのガソリンスタンドにSOS!!








IMG_0406.jpg

どうやら、タイヤに釘がささっていたようで
キレイに穴が空いていました!




IMG_0408.jpg

応急処置で、ゴムみたいなのをつっこんで・・


IMG_0409.jpg

パッチンと切ります!!



IMG_0410.jpg

なんとSOSに駆け込んでから、ものの10分での神対応


すばらしいです!!!


本当に助かりました!


ありがとうございます





午後からは、オーナーさまの定期点検です!





「電動シャッターがキーキー鳴るんです」とオーナーさま。









ドゥリュリュ!!!!!


シュッシュッ!!!!!


えいや~ッと!!!!!

DSCN5687.jpg

DSCN5684.jpg


一緒に伺った、やっし~さんによる神対応により
その場で解決



本当いつも頼りになります!!!!!






DSCN5694.jpg

僕と誕生日が一緒のエイトくん!

お家に住み始めた時は、今の弟くんと同じくらいだったね

今では立派なお兄さんだね^^


兄弟仲良く、やんちゃに元気良く育って欲しいです



IMG_0415.jpg

でも、まだこれは自分では開けられません!












夕方からは、先日ご契約を頂いたお客さまの設計打合せです!!



DSCN5707.jpg


ここでも、お打合せ中にお子様と遊びます



Yさま、この場をお借りしまして、
改めてご契約おめでとうございます!!

そして、ありがとうございます!



度重なるお打合せでちょっとだけ、疲れてしまう事もあるかもしれませんが

これからも、楽しく一緒にお家づくりをさせて頂ければと思います



マルワホームは、とことんやります!!!!

それが強みですかね^^








そんな、一日でした。





今日は、なんだか感じる事がたくさんあった一日だったなぁ~。





お客様の人生に夢と感動と幸せな時間を提供させていただけるように・・・







まだまだ。


まだまだ、これからだ!





よし、明日からも頑張ろう!!!






まずは、風邪を治そう








では、また7のつく日に

スポンサーサイト

63巻 キクチの休日

  • Day:2014.04.17 17:20
  • Cat:Life
みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある、"おしゃれ楽しい家"をつくっている住宅屋マルワホーム企画のキクチです^^













今回は、新コーナー"キクチの休日まる裸!!"です(笑)








まずは、休日は溜まっている家事、洗濯、掃除から始まります。





毎週水曜日に定休日を頂いているのですが、水曜日にキレイ掃除にしても
いつも火曜日には荒れ散らかってしまいます





ビフォーはさすがに載せる事が出来ませんが、アフターのみ↓

__ 1

賃貸ですが、思い切ってクロスを自分で貼ってみたり(両面テープですが)
無垢のフローリングを敷いてみたりしています。

おそらくお気付きだと思いますが、カーテンがチグハグです(笑)

引っ越した時にある物をとりあえず付けてみて、何だかんだで今に至ります

本当は木製のブラインドとかを付けたいのですが、欲しいモノは高いので手が出ません






こちらは玄関まわりです↓

__ 2

東京に行ったときのIKEAの小物と、あとは100均のセリアのもので飾ってみました!!

安く工夫してつくるのが、僕のインテリアの楽しみかたです!!










ワンピースのフィギュアさん達です↓

__ 3

手前の自転車に乗っているのが、"青キジ"というキャラで
久しぶりに新しい仲間が増えました

「もうやらない!!」と数年前に自らに誓ったのですが
たまたまUFOキャッチャーに遭遇してしまい・・・出会ったら最後です。。

今度こそ!もうやらないぞぉ~!!

UFOキャッチャーのあるところには、極力近づかないように生活します。








午後は、いつもお世話になっているフットサルブランド"SVOLME"のフットサルに参加

__ 7


__ 8




__ 9


現役で活躍している選手や、女子フットサルリーグに参加している方、
小学生のお子さんや、そのお父さん方、初めてボールを蹴る人など、
色んな参加者の皆さんと月に一回楽しくワイワイやっています!!




そんな休日でした


お仕事も大好きですが、もちろんプライベートも大切ですね!!


また、機会があれば"第二回"を更新しますね^^



では、また7のつく日に










★お知らせ★
Facebookページを開設いたしました!
株式会社マルワホーム企画 Facebookページ
是非!いいね!を宜しくお願いいたします^^

62巻 尺貫法やあれこれ

みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋、マルワホーム企画のキクチです^^


ちょっと今日はブログを書いている余裕がありません

また7のつかない日に更新します!!!

ごめんなさい

では、また7のつかない日に












***************
4月11日(金) 追記


キクチです^^


今日のWB(ウェルカムボード)ブログで書いたことを残しときたいので
こちらでも更新します!!



本日、4月11日は
メートル法公布記念日です。

1921のこの日、改正「度量衡法」が公布され、それまでの尺貫法などとの併用から、メートル法のみに一本化することが定められたそうです。

しかし、根強い反対運動により施行は無期延期となり、メートル法への完全移行は1951年の新「計量法」施行でようやく行われた・・とのことです!





ここで、尺貫法のおさらい






1尺=303mm

日本の木造建築の基本になります。
例えば柱と柱の中心間隔は
3尺=909mmや6尺=1818mmのところが多いと思います。
現在では計算を簡単にするために一般的には3尺=910mm、6尺=1820mmにしているところが多いです。




1尺=10寸=100分
つまり1寸=30.3mm、1分=3.03mm


が基本です。「チョット」というのは漢字で「一寸」と書きますが、30.3mmというのはまさに「チョット」という感じにぴったりだと思います。童話の「一寸法師」も身長が30.3mmだったんでしょう。

yjimageYSSEI3YK.jpg


とても小さいですね!!勝手ながら小指くらいの大きさを想像していました!
今計ってみると、約60mmでした・・・ということは「二寸法師」ですね!!笑



1間=6尺=1818mm

が基本になります。いままで10進法だったのが、ここで突然6で繰り上がりますので気をつけましょう。
一般的には畳の長辺の長さだと思われていますが、和室の部屋は柱の芯-芯でピッタリの寸法になっているので畳は1間より若干短いです。
建物全体の大きさを表すのに
「この建物は○○間×○○間だ」というように使われます。



1坪=1間×1間=1.818m×1.818m=3.305㎡

が基本になります。
これは土地の面積を表すのにいまだに良く使われています。
だいたい、畳2枚分の広さです。(畳2枚のほうが若干狭い)


yjimage.jpg












ちなみに、、

「この建物の建坪はどのくらいですか??」と
たまに聞かれることがあるのですが

・建築面積
・建坪
・延べ床面積

のおさらいです↓










まず建築面積とは、
建物を真上から見たときの水平投影面積のことです。
1階より2階の面積が大きい建物の場合は
2階を地面に投影した面積となります。

外壁や柱の中心を基準に算出します。


kenpei2.gif


通常、軒や庇は建築面積に含みませんが、
外壁の中心線から1m以上突き出した場合には、
その先端から1m引いた残りの部分は建築面積に算入されます。

また、玄関久などで、柱を立てた場合、
柱の中心で囲まれた部分も建築面積に算入されます。

更に、床から30センチ以上の高さの位置で、
壁からの出が50センチ以下の「出窓」は算入されませんが、
それから外れる出窓は算入されます。

建築面積は建築基準法により規定されていて、
建ぺい率を計算するときの基準に使われます。


建築面積は一般的に
「建坪」と同じように使用される場合があります。

しかし、「建坪」は1階部分の床面積のことを呼び、
建築面積と同じように使っているいますが、厳密には違います。












延べ床面積とは、
建物の各階の床面積の合計のことをいいます。

延床面積

yoseki.gif


壁あるいは柱の中心を基準に算出します。

吹抜部のような床が無い部分については、
延床面積に算入されません。

しかし、階段については、
1階、2階の両方でカウントします。

また、玄関ポーチ、バルコニーの先端から2mまでの部分、
小屋裏収納、ロフト、などは、床面積には算入されません。













一般的に使われる、平米から坪に計算する方法↓

土地は平米×0.3025
建物は平米÷3.3124


なぜでしょうか???


現在日本の木造建築の設計は、1間(6尺=1坪の辺の長さ)を1.82mで行っているからです。
つまり、1坪は、1間×1間=1.82m×1.82m=3.3124m2となります。

正確な換算をするならば、1尺=0.3030303m、で1間=1.8181818mですから、
1坪=1間×1間=3.3057850・・・m2、になります。
これなら、1平米=1÷3.3057850=0.3025、で、土地と同じ結果です。





うーん。。。

数字だらけでワケが分からなくなりそうですが、単純に考えればそんなに難しいことではないですね^^



では、また7のつく日に
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。