112巻 ノートルダムの鐘を鳴らせ

  • Day:2016.01.27 21:33
  • Cat:Life
みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^



今回は”パリ観光地編”です。


パリに実質丸々3日間の滞在で

1日目 パリ観光地めぐり
2日目 ル・コルビュジエの建築めぐり
3日目 世界遺産モンサンミッシェルツアー

の予定でしたが、
1日目の夜にまさかの・・・、





パリ同時多発テロ事件


その他、トラブルもあり(自分のせい)

予定通りには行かなかった旅でしたが

唯一、スケジュール通りに行動できた

1日目の”観光地編”の話です。




まずは、ホテルから

歩いて目的地に向かいました。

途中、ムーランルージュ発見(たまたま)
DSC_0023.jpg






そして第一の目的地到着。
DSC_0026.jpg
映画「アメリ」のカフェ 
”カフェ デ ドゥ ムーラン”です。




もちろん、クリーム・ブリュレを頂きました^^
DSC_0035.jpg



そして、また歩いて
次の目的地
DSC_0101.jpg
モンマントルの丘の
サクレ・クール寺院





からの、シテ島に移動して
ノートルダム大聖堂
※あとで、たっぷり。






ちょっと一息、休憩タイム。
DSC_0296.jpg



DSC_0297.jpg



DSC_0300.jpg
事前に調べて、日本語対応のメニューがあるお店にしました。





お次は、こちら
DSC_0346.jpg
ルーヴル美術館



DSC_0402.jpg
モナリザさんの前はめちゃ混みです。


まだまだ行きます!!






・・・の前に、チュイルリー公園にてまたちょっと休憩。
DSC_0444.jpg
ジンジャーエールと思って頼んだつもりが、ビールでした^^;(笑)






ジャンゼリゼ通りを歩き・・・
DSC_0478.jpg




DSC_0496.jpg
凱旋門




その後に、エッフェル塔も行ったのですが
夜のエッフェル塔は著作権の問題で
ネット上にアップできないらしい・・・^^;






・・・と、まぁ
詰め込みまくりのそんな1日でした。



そんな中、一番僕の印象に残ったのが
ノートルダム大聖堂です。
DSC_0128.jpg

既述の通り、シテ島にあります。
DSC_0121.jpg




DSC_0138.jpg



DSC_0144.jpg



DSC_0146.jpg
近寄れば、近寄るほど
その大きさと美しさに圧倒され
生まれて初めて、建築物を見て
言葉にならない感覚に陥りました。




DSC_0170.jpg


DSC_0188.jpg


DSC_0157.jpg


DSC_0196.jpg


DSC_0204.jpg
建物の中も、もちろん素晴らしく
神秘的な空間にため息しか出なく
この時間を1秒でも無駄に出来ないと思いました。




DSC_0206.jpg
1163年、建築物が着工され、1225年に完成しました。


DSC_0207.jpg
そして、修復を経て1864年に完了しました。



今から、約850年前に着工した建物・・・。

簡単に想像出来ないくらい昔です。

なんだかとても感慨深い・・・。




DSC_0162.jpg


DSC_0164.jpg
模型がめちゃくちゃカッコイイ!!
細部まで、とてもリアルに再現しています。




外に出て、ぐる~っと一周します。
DSC_0221.jpg


DSC_0225.jpg





DSC_0233.jpg
看板。
全く読めませんがここが入り口です。



DSC_0235.jpg
鬼のような螺旋階段をひたすら上ります・・・。

DSC_0240.jpg
アイアンの手摺りのフォルムがとても美しい・・・。




DSC_0241.jpg
スリットから光が差込みます。
換気もされるので息苦しくないです。





DSC_0242.jpg
やっと頂上へ。
ジェニファー(仮名)の嬉しそうな横顔。






DSC_0280.jpg
上から見下ろしても美しい街並み・・・。




DSC_0243.jpg
キメラの彫刻が至る所に・・。


DSC_0271.jpg
何か食べちゃってるし・・・。
ちょっとグロいです。。





DSC_0255.jpg
少し潜り込む形の入り口の中には・・・


DSC_0261.jpg
鐘です。ノートルダムの鐘です。









本当に、一生忘れられない経験です。

そして、これからの人生
もっともっと多くの美しいものに触れ
感性を高めていきたいです。


僕の、ただの旅の記録になり
見る人にとっては退屈な内容かもしれませんが
僕は、伝えたい想いがあり
この記事を書きました。

もし、この記事をご覧頂いている
あなたにとっての
どんな小さなことでも
何かのきっかけになれば幸いです。


次回、最後にパリ建築物編を書きます。
どうぞ楽しみにお待ち下さい。



では、また7のつく日に。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。