62巻 尺貫法やあれこれ

みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋、マルワホーム企画のキクチです^^


ちょっと今日はブログを書いている余裕がありません

また7のつかない日に更新します!!!

ごめんなさい

では、また7のつかない日に












***************
4月11日(金) 追記


キクチです^^


今日のWB(ウェルカムボード)ブログで書いたことを残しときたいので
こちらでも更新します!!



本日、4月11日は
メートル法公布記念日です。

1921のこの日、改正「度量衡法」が公布され、それまでの尺貫法などとの併用から、メートル法のみに一本化することが定められたそうです。

しかし、根強い反対運動により施行は無期延期となり、メートル法への完全移行は1951年の新「計量法」施行でようやく行われた・・とのことです!





ここで、尺貫法のおさらい






1尺=303mm

日本の木造建築の基本になります。
例えば柱と柱の中心間隔は
3尺=909mmや6尺=1818mmのところが多いと思います。
現在では計算を簡単にするために一般的には3尺=910mm、6尺=1820mmにしているところが多いです。




1尺=10寸=100分
つまり1寸=30.3mm、1分=3.03mm


が基本です。「チョット」というのは漢字で「一寸」と書きますが、30.3mmというのはまさに「チョット」という感じにぴったりだと思います。童話の「一寸法師」も身長が30.3mmだったんでしょう。

yjimageYSSEI3YK.jpg


とても小さいですね!!勝手ながら小指くらいの大きさを想像していました!
今計ってみると、約60mmでした・・・ということは「二寸法師」ですね!!笑



1間=6尺=1818mm

が基本になります。いままで10進法だったのが、ここで突然6で繰り上がりますので気をつけましょう。
一般的には畳の長辺の長さだと思われていますが、和室の部屋は柱の芯-芯でピッタリの寸法になっているので畳は1間より若干短いです。
建物全体の大きさを表すのに
「この建物は○○間×○○間だ」というように使われます。



1坪=1間×1間=1.818m×1.818m=3.305㎡

が基本になります。
これは土地の面積を表すのにいまだに良く使われています。
だいたい、畳2枚分の広さです。(畳2枚のほうが若干狭い)


yjimage.jpg












ちなみに、、

「この建物の建坪はどのくらいですか??」と
たまに聞かれることがあるのですが

・建築面積
・建坪
・延べ床面積

のおさらいです↓










まず建築面積とは、
建物を真上から見たときの水平投影面積のことです。
1階より2階の面積が大きい建物の場合は
2階を地面に投影した面積となります。

外壁や柱の中心を基準に算出します。


kenpei2.gif


通常、軒や庇は建築面積に含みませんが、
外壁の中心線から1m以上突き出した場合には、
その先端から1m引いた残りの部分は建築面積に算入されます。

また、玄関久などで、柱を立てた場合、
柱の中心で囲まれた部分も建築面積に算入されます。

更に、床から30センチ以上の高さの位置で、
壁からの出が50センチ以下の「出窓」は算入されませんが、
それから外れる出窓は算入されます。

建築面積は建築基準法により規定されていて、
建ぺい率を計算するときの基準に使われます。


建築面積は一般的に
「建坪」と同じように使用される場合があります。

しかし、「建坪」は1階部分の床面積のことを呼び、
建築面積と同じように使っているいますが、厳密には違います。












延べ床面積とは、
建物の各階の床面積の合計のことをいいます。

延床面積

yoseki.gif


壁あるいは柱の中心を基準に算出します。

吹抜部のような床が無い部分については、
延床面積に算入されません。

しかし、階段については、
1階、2階の両方でカウントします。

また、玄関ポーチ、バルコニーの先端から2mまでの部分、
小屋裏収納、ロフト、などは、床面積には算入されません。













一般的に使われる、平米から坪に計算する方法↓

土地は平米×0.3025
建物は平米÷3.3124


なぜでしょうか???


現在日本の木造建築の設計は、1間(6尺=1坪の辺の長さ)を1.82mで行っているからです。
つまり、1坪は、1間×1間=1.82m×1.82m=3.3124m2となります。

正確な換算をするならば、1尺=0.3030303m、で1間=1.8181818mですから、
1坪=1間×1間=3.3057850・・・m2、になります。
これなら、1平米=1÷3.3057850=0.3025、で、土地と同じ結果です。





うーん。。。

数字だらけでワケが分からなくなりそうですが、単純に考えればそんなに難しいことではないですね^^



では、また7のつく日に

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。