129巻 マルフェス2016

  • Day:2016.07.27 23:52
  • Cat:Life
みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^


先日、オーナー様や地域の皆様への感謝の気持ちを込めた夏祭り
マルフェス2016
開催させていただきました!!
_7248084.jpg



今年も、去年に続き
マルフェス運営リーダーを務めさせていただきました。
_7248088.jpg







この場を借りて
お礼を言わせてください!!



ご来場いただいた
オーナーの皆様や地域の皆様


ブース出展のご協力をいただいた
おそうじ本舗手稲駅前店さん
Styriaさん



よさこいで素敵な演舞を披露してくれた
新琴似天舞龍神の皆様


フェススタッフとしてお手伝いいただいた
マルワ会エイトマンスタッフの方々


いつもスタッフを支えていただいている
マルワスタッフご家族の皆様



そしていつも一緒に夢を追いかけてくれる
マルワスタッフの皆様





本当に皆様のおかげで
最高の1日を過ごすことができました。


僕は幸せです。本当にありがとうございました!!




一人の力では、到底果たせないことでも
みんなの力が集結すれば、叶えられるコトがある!と
強く実感しました!!!








マルフェスでは、
普段なかなか会えないオーナーの皆様にも会えました^^
P7248349.jpg

_7248117.jpg

_7248123.jpg





ご来場いただいたお客様だけでなく
お手伝いいただいた
マルワ会エイトマンスタッフの皆様も
※エイトマンスタッフとは
マルフェス初年度のマルワ会からのお手伝いの方が
8人だった事から”エイトマンスタッフ”と命名されました。



「楽しかったよ!!来年も一緒にやろうね!!」
と言っていただけた事がとても嬉しかったです。
_7248098.jpg

_7248099.jpg

_7248100.jpg

_7248101.jpg






子供縁日コーナーやイベントでも
笑顔 笑顔 笑顔
_7248104.jpg

P7248359.jpg
(この写真は笑顔ってよりも真剣な瞬間ですね^^)

P7248412.jpg

P7248428.jpg

P7248430.jpg


幸せだから笑うのかな?
笑うから幸せなのかな??

どちらにしても、笑顔って素敵です^^



よさこいも間近で見れて迫力に感動です!!
P7248455.jpg


やっぱり、一生懸命な人ってカッコイイですね!!!



オーナー様のお子様と一緒に僕も踊りました^^
P7248463.jpg






今回もマルフェスで
本当に多くのコトを学ばせていただきました!!






でも、まだまだ改善しなければならない事が多々あります。

去年よりも今年。
今年よりも来年。


通常業務と並行しても準備など
大変な事もありますが

当日の皆様の笑顔の為なら
頑張れちゃいます!!!



来年は、もっと進化して帰ってきます!!!


来年のマルフェス2017
是非、今から楽しみにしていてください!!^^




では、また7のつく日に^^

128巻 僕の役割 

  • Day:2016.07.17 00:13
  • Cat:Life
みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画でホームディレクターを
担当させていただいておりますキクチです^^




僕が最近とても意識していること。

それは”自分の役割”です。



・・・途中まで書いたけど、
しっくりこなくて消しちゃいました^^;





お客様の幸せの為に、
チームとしてより高いレベルにある必要があります。


その為には、
それぞれの与えられた”役割(個の力)”を
高めなければなりません。


ゾロが航海術を学んだり、
サンジが狙撃の練習をしたりしても
チームとしては強くなりません。




もっと自分が高めなければならないコトに集中して
日々努力を怠らず成長していきたい。



今回は上手く書けそうにないです。。

いつかこの思い伝えられるといいです。


では、また7のつく日に。

127巻 続!丸・三角・資格

  • Day:2016.07.07 21:52
  • Cat:Life
みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のホームディレクター キクチです。



ちょっと出だしの文章変えてみました^^



約4年前にこんなブログを書いていました。
4巻 丸・三角・資格


この時は、宅建の資格取得にチャレンジして


こうなって
15巻 2012年10月21日
(受験当日)

こうなりました!!!
19巻 gooday-gooday
(合格発表後)


4年前の僕・・・。若いな〜(笑)




そして、マルワに入り二度目の資格試験!!!
(実は、住宅ローンアドバイザーという資格もちゃっかり持っていますが)



今回は、
二級建築士編です。


僕は、建築の大学や専門学校を出ていないので
7年の実務経験が必要となり
今年ようやく受験資格が得られる年になりました。


二級建築士って何??ってよく分からない方の為に
ちょっとご説明させていただきますね^^






『二級建築士ができること』
建築士の種類によって設計・工事監理ができる建物の規模は
建築士法で決められていて、二級建築士が設計・工事監理できる
建築物は以下のものになります。


建築物の高さは13m以下、または軒の高さが9m以下であること。


これはその建築物の構造や広さには関係なく決められています。
延べ面積の制限は構造やその建築物の用途によって変わってきます。
延べ面積とは建築物の各階の床面の面積を
合計したもので、建築物の広さを表します。


鉄筋コンクリート造、鉄骨造、石造、れん瓦造、コンクリートブロック造、
無筋コンクリート造の場合は、用途にかかわらず
延べ面積が30㎡を超えて300㎡以下の建築物(またはその部分)。


木造の建築物(またはその部分)で延べ面積が500㎡以下の、
学校、病院、劇場、映画館、観覧場、公会堂、百貨店、
集会場(オーデイトリアムを有しないものを除く)の用途に供する建築物。


木造の建築物(またはその部分)で上記の用途に使用しない場合は、
2階建て以上の場合は延べ面積が1000㎡以下、
平屋であれば延べ面積の制限はありません。


二級建築士が設計できる延べ床面積をまとめてみると以下のようになります。


構造が木造の建築物
用途     平屋   2階建以上
住宅など   無制限   ~1000㎡
特殊建築物 ~500㎡  ~500㎡


構造が木造以外の建築物は用途に限らず300㎡までとなっており、
特殊建築物とは、学校・病院・劇場・映画館・観覧場・公会堂・
百貨店・集会場(オーディトリアムを有しないものを除く)のことを指しています。



つまり一般的な住宅の規模であれば
自らの資格を持って〈設計〉〈工事管理〉が
できるようになります。



住宅王を目指しているキクチにとっては
必須な資格なのです。

逆に、一般的な住宅だけであれば
二級建築士でお仕事できちゃいます。

※ちなみに、マルワホーム企画エンジニアのやっし〜さんは
〈設計〉〈工事管理〉の制限がない
一級建築士という最強の資格保持者です。
すっげぇ〜



そんな訳で、先週の日曜日。
IMG_1169.jpg

まず初めの壁である
学科試験でした。



資格学校などにも通わず

忙しい仕事との両立に

悪戦苦闘の毎日・・・。



2、3ヶ月間は朝のニュース以外は
ほぼテレビを見ることもなく

仕事勉強寝る。仕事勉強寝る。仕事勉強寝る。

の繰り返しでした。




でも、キクチ得意の
根拠のない自信(笑)

「俺ならできる!!」
「俺ならできる!!」

と心の中のリトル菊池が
いつも励ましてくれました。



自己採点の結果・・・。



ギリギリではありますが、
なんとか合格しているはずなので
(合格発表は8月23日の予定です)

次なるステージ
設計製図試験
に進めそうです。



次の試験は、9月11日なので
あと2ヶ月ちょっと。

また地獄の日々が始まります・・・。


時間はあるようで、時間がない。



今年1年で必ず取得してみせます!!!!





でも資格取得は、
目標であって目的ではありません。


今回の試験勉強を通じても、
住宅に関しての必要な知識・技術を身につけ
更にレベルアップしていきたいのです。



夏よ、さようなら・・・。

また来年お会いしましょう!!!




では、また7のつく日に^^

126巻 モノづくりとは

  • Day:2016.06.27 21:25
  • Cat:Life
みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^


最近、積極的に
【住宅】【建築】に関わる
勉強をさせていただく機会を
設けていただいております。



先日は、
全国有数の家具産地として知られる
北海道旭川に本社を構え
国内外で人気を博している
総合家具メーカー カンディハウスさんの
バスツアーに参加させていただきました。
集合写真 ロゴ入り


朝8時台に集合し、22時頃解散という
超みっちりスケジュールにて
とても充実した濃厚な1日を
過ごすことができました!!



最初は砂川にあるshiro caféさんへ。
DSC_0030.jpg

DSC_0038_20160627205327fc0.jpg


まず、モダンリビング パブリッシャーの下田さんのセミナーから。

伝える力の大切さ
美しいインテリア写真とは

約75分のセミナーでしたが
まるで、
”一対一で会話をしているような感覚”で
あっという間に時間が過ぎていきました。
(僕も、いつかのいつか人前で
お話をする機会があれば、
“あーなりたいな〜”と思いました。)


開放感のある吹き抜けが印象的な店内
DSC_0039.jpg

DSC_0053_2016062720533094c.jpg




2階はショップになっています
DSC_0055.jpg



小物もイイです
DSC_0058.jpg

DSC_0066_20160627205925309.jpg



必ずトイレはチェックします
DSC_0067.jpg

DSC_0068.jpg









次は、ソメスサドルへ。
DSC_0072_20160627205509a0b.jpg


日本唯一の馬具メーカーです。
国内の競馬選手、馬術競技選手の多くが
同社の馬具を使用しています。
DSC_0074.jpg
(この馬は全て革でできているんんです)



敷地内には、本物の馬もいます。
DSC_0086_20160627210244c14.jpg

DSC_0095_20160627210245de4.jpg

技術を活かして、鞄などの革製品を製造・販売しています。


工場を見学させていただきました。

DSC_0104.jpg
これは牛一頭の半身の革です





DSC_0116.jpg

DSC_0117.jpg
実際に作業しています。



DSC_0130.jpg

DSC_0140.jpg

DSC_0132.jpg
本当に細かいところまで
手作業で作っています。



普段は完成したカタチしか
見る機会がないので
とても新鮮でした。







次は、旭川家具センター。
DSC_0181_20160627210754ae9.jpg
ASAHIKAWA DESIGN WEEK 2016
が開催中でした。


DSC_0178.jpg
椅子がスゴいことになっています。



DSC_0149.jpg

DSC_0156.jpg

DSC_0167.jpg

DSC_0192_20160627211253f1d.jpg

本当はもっと居たかったけど、
スケジュールの関係で
20分程駆け足で周りました。





最後は、カンディハウス本社工場へ。
DSC_0197.jpg

本社に入って
すぐ目に飛び込んでくるのがこれDSC_0199.jpg
TEN-KU
新作「TEN」から発想を得たインスタレーションです。



本社工場は撮影NGの為、
写真はありません^^;







今回、参加させていただき
(家具のデザインなどについて
何かのきっかけになればな〜)
と思い臨みましたが、

工場見学などがあったおかげか
”モノづくりに対する想い”
というものを強く感じました。


これは住宅にも
とても関係するコトだと思います。





そして、
モダンリビングの下田さんが言っていた
「伝えなきゃ伝わらない」という言葉も
強く心に残りました。





僕の好きな
三代目JSBにも
「伝えなきゃ想っていないのと同じ」
という歌詞があります。



ちゃんと想いを伝え
届けられる人になりたいなぁ。






それでは、また7のつく日に^^



125巻 そうだ!神戸に行こう!!

みなさん、こんにちは!!

札幌市北区にある小さな住宅屋

マルワホーム企画のキクチです^^


先日、視察で
里山住宅博in KOBE2016に行ってきました。


DSC_0003.jpg


DSC_0001.jpg
未完成物件もありましたが、全26棟の建物が見れます。





まずは、外観から・・・。
DSC_0006.jpg


DSC_0007.jpg


DSC_0008.jpg


DSC_0011.jpg


DSC_0018.jpg
当たり前ですが、北海道の建物と違いますね。

何が違うって、まず”屋根”が違いますね。

雪の対策を考える必要がないので。


外構は、町づくりの〈設計ルール〉として
・ブロックを積んでスチールのフェンスで囲うこと
・アルミ製のカーポート
・スチール製の物置

も禁じられています。

これらの材料が嫌いなわけでなく
『緑の町』の外構材として相応しくないと考えて
ルールを決めたそうです。



もう少し外構工事が進んでいると
町並みの見え方も違っていたのかなぁ〜。
(ここだけはちょっと残念だったところです)



さて、いよいよ建物の中へ突入です!!


めちゃめちゃ混んでいます。
DSC_0034.jpg
この写真の中に、マルワスタッフが2名隠れています。

DSC_0023.jpg


DSC_0026.jpg
すぐに触ったり、握ったりします。




写真載せきれないので、厳選写真をザザッと。
DSC_0038.jpg


DSC_0059.jpg


DSC_0066.jpg


DSC_0078.jpg

DSC_0086.jpg

DSC_0087.jpg





今回特に、感じたのが
窓からの「景色の切り取り方」です。

DSC_0028.jpg

DSC_0071.jpg

DSC_0070.jpg

DSC_0113.jpg

DSC_0096_20160617202046070.jpg


単に、
「里山のロケーションだからどう切り取ってもよく見えるんじゃない?」
とかではないと思います。



スケジュール的に3時間ほどしか入れなかったのですが、

正直、全然時間足りなかった〜・・・・OTL。



けど、圧倒的に良かったのが

同じチームのみんなで
同じモノを
同じトキに
見ることができたこと。



こんな貴重な機会をいただけることに感謝です。



もっともっと成長して、より良い家を提供できるようになります。





では、また7のつく日に^^















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。